hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

存在している 書肆室編

1,430円

送料についてはこちら

  • 書肆室編

    ¥1,430

HIBIUTA AND COMPANYに集うひとびとが、ここへたどり着くまで……どこへ行こうと出発し、どんな道を歩いてきたのかを、それぞれの言葉で語った書物です。 一~二ヶ月に1冊ずつ刊行予定、第2弾は書肆室編。 本を友とし、本に背中を押され、「だれか」とつながったひとたちへ。 本を読むこと、本がくれた出会い、そして「本」の向こうがわにいる人を見つめる、村田奈穂/柏原萌のエッセイ2編収録! なんとかして「正しく」ならなければならなかったが、「正しさ」が何なのかすら、いつまでたっても掴むことができなかった。「気が付けば本屋」村田奈穂 自己責任という言葉が流行する中で、先生たちは根気強く、私たちが卒業できるように頑張ってくれていたのである。「保健室の外は嵐 もえの学生日記」柏原萌 A5版/116ページ

セール中のアイテム